ディズニーで正社員になるには?アルバイトから登用も!仕事内容は?

ディズニー(オリエンタルランド)で正社員として働きたい!という夢を持っているかたに向けて、正社員になる方法や、仕事内容についてまとめました。

ディズニーで正社員になるには?

方法を説明するイメージ

正社員になる方法は、大きく分けて2つあります。

①新卒採用(又は中途採用)を受ける

準社員(アルバイト)から登用される

 新卒採用(中途採用)について

①の新卒採用は、毎年行われています。

総合職(人事や広報など、オフィス勤務も含む)とテーマパークオペレーション職(ディズニーリゾートで主にスーパーバイザーとして働く)は分けて採用を実施しています。

やはり人気企業なだけあって、倍率はかなり高いようです。

中途採用は、他の企業と同じように応募のあるタイミングで行われているので、オリエンタルランドの採用ページをこまめにチェックすると良いです。

準社員(アルバイト)からの登用について

②のアルバイトからの登用は、主にテーマパークオペレーション社員になります。

募集のあるタイミングで掲示されるので、社員を目指すアルバイトのキャストが応募する、という形で採用が行われます。

こちらもキャスト内での倍率は高く、テスト(通常の就活で受けるような学力調査を含むもの)や数回の面接、普段の勤務態度などを加味して、応募した中から一部の人が選ばれます。

キャスト歴に明確な規定はなかったかと思いますが、合格している人を見ていると、最低でも3年以上はキャスト(準社員)としての経験が必要なようです。

正社員には、大学を卒業していないとなれない?

大学

新卒・中途採用は大学卒業していないと受けられない

オリエンタルランドの採用サイトの募集要項には、新卒採用・中途採用ともに4年制大学を卒業した人、との記載があります。

つまり、4年制大学を卒業していないと受けることができません。

もちろん、有名大学に行っているから受かる訳ではありませんが、新卒で社員として入社している人はある程度名前の知られている大学の人が多い印象です。

アルバイトからの社員登用は…?

アルバイトからの社員登用は大卒の人に限られていなかったように思いますが、こちらも大学卒業しておくことに越したことはない、かと思われます。

ディズニーでキャストとして働いている人には4年制大学を卒業している人も多いので、その中から社員に選ばれるには、やはり大学に行っておくと良いかもしれません。

ただ、アルバイトからの社員登用の場合は、普段どのように働いているかも見られるので、学力だけではなく、キャストとしての適性も大切です。

正社員の仕事内容は?

 総合職の仕事内容

f:id:Panpanpanda:20180924170658j:plain

総合職は、普通の企業と同じように、様々な仕事をします。

商品企画や人事、法務、広報など、いづれかの部署に配属され、仕事を受け持ちます。

新卒で総合職として採用された場合は、まず現場(キャストの仕事)で仕事をしながら、ディズニーで働く、ということについて学んでいくケースも多いようです。

テーマパークオペレーション職の仕事内容

f:id:Panpanpanda:20180924170903j:plain

テーマパークオペレーション職では、各ロケーション(お店やアトラクションなど)に配属になり、準社員のキャストのリーダーとして働きます。

もちろんゲストと実際にコミュニケーションを取ることもありますが、どちらかというとお店やアトラクション全体を見て、どうしたら効率よく動かせるか、利用するゲストの為になることは何かを、広い視点で考える仕事になります。

準社員(アルバイト)とはどう違う?

正社員、特にテーマオペレーション職と、準社員(アルバイト)のキャストの違いは、一見すると分かりづらいかもしれません。

仕事内容としては、先にも書きましたが、ロケーション全体を見て仕組みを考えたり、準社員のキャストのマネジメント(評価や管理など)をしたりする、というのが準社員と違う点です。

また給与面でも大きく異なり、準社員は当然ですが時給制で、昇給もわずかにはあっても、数年、十数年働いて時給で数百円上がるかどうか、のレベルで、稼げる仕事とは程遠いのが現状です。

正社員の場合は、当然ながら実績に応じて昇給もしていくので、長く続けることを考えれば、働きやすいのは間違いないかと思います。

新卒採用を受けるのと、準社員から登用されるの、どちらがおすすめ?

はてな

一概には言えませんが、個人的には新卒採用を受けられるならそちらの方が良いかと思います。

準社員からの登用は、キャストになってからも数年かかり、さらに正社員になれるかも分からないので、長い道のりです。

一方新卒採用は、準社員からの登用に比べれば短い期間で結果が出るので、もし受からなくても、これからどうするのかの選択肢が多くあります。

他の企業の新卒採用を受ける、来年もう一度新卒採用を受けてみる、まずはキャスト(準社員)として働いてみる、など、方法は色々あるので、まずは新卒採用でチャレンジしてみても良いかもしれないですね。